浄水器をタイプ別に比較して選ぶことがおすすめ

一般の家庭用として販売されている浄水器は、大きく分けると卓上型(ポット型)、蛇口直結型、据え置き型があります。

また、据え置き型にはシステムキッチンにあらかじめ組み込むビルトインタイプの製品や、電解水を生成することのできるタイプなどに細分化できます。安価な製品であれば5、000円以下で販売されているケースもありますが、高価な上級機種は10万円を超える価格のものもあり、性能やタイプによって大きく販売価格が異なることも家庭用浄水器の特徴となっています。それぞれのタイプにはメリットがありますので、気になった部分を比較しながら、自分の生活に適している製品を選ぶようにしましょう。

浄水器を比較情報サイトを利用しましょう。

据え置き型は高価になる傾向がありますが、浄水性能に関しては飛び抜けて高いものとなっています。


逆浸透膜を利用している製品が多く、普及価格帯に多く利用されている活性炭フィルターなどよりも、水道水に含まれる残留塩素や不純物などを、より多く取り除くことができます。


水道水の安全性を大きく高めたいという方におすすめができる製品と言えます。比較的リーズナブルな価格帯の蛇口直結タイプは、浄水器の売れ行きの中で主流を占めているタイプとなります。



浄化するフィルターがカードリッジのタイプで、交換することによって浄水性能を維持できます。

ポット型はより安価で、持ち運びがしやすく冷蔵庫に入れて冷やすことができるということで、手軽な浄水器としての人気があります。

それぞれのタイプの性能や価格を比較することのできるウェブサイトを利用して、どの機種を購入するかじっくりと検討しましょう。