引きこもり支援に必要なこと

###Site Name###

近年増加している引きこもりと呼ばれる人の数は、国の統計で70万人とされています。決まった年齢層がないため、万人に起こりうる状態だということが分かります。引きこもりとはどういう状況なのかを考え、理解していくことが必要です。

まず、引きこもりとは、その名のとおり、自宅や部屋に引きこもってしまう人のことを言います。よく言われているニートと引きこもりの違いですが、ニートは働く気が無いために自宅に閉じこもっている人、引きこもりは働く気力はあるが、対人関係のトラブルや精神疾患で外とに出られない人のことを指します。

そうなってしまうさまざまな理由がありますが、そのほとんどが対人関係の悩みによる、精神疾患です。

真剣にNAVERまとめに関してわかりやすく説明しております。

いじめや悪口、学校内での孤立が若い世代を陥れ、同様に会社での人間関係に疲弊した人間も、ドロップアウトしていきます。

ここまでくれば支援するには何をすべきかが明確になってきます。というのは、彼らが生きていけるような環境づくりをしてあげることです。

精神疾患を抱えたまま社会に出るほかない状態であることは明らかです。
誰だってストレスを抱えて生きています。
それをより悪化させないように、適切なコミュニケーションをとっていくのが、私たちが出来る支援なのです。
そして、精神疾患を改善できるように、カウンセラーや心理学者へ研究費を募るのも、また一つの支援の形です。



以上から言えるのは、共生していくという認識が足りないということです。



足りないものが明白な今、支援することは容易だと思います。